マリエが手がける新ブランド「パスカルマリエデマレ」 がダサい件www | すぎたかのワクワクブログ
すぎたかのワクワクブログ

マリエが手がける新ブランド「パスカルマリエデマレ」 がダサい件www

   2018/11/07

”モデル・タレントのマリエが、新ブランド「パスカルマリエデマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS)」を発表。6日、プレス関係者向けにマリエ自身が、ブランドについてのプレゼンテーションを行った。

マリエは、2011年にアメリカ・ニューヨークの名門、パーソンズ美術大学に留学。帰国後は、ファッション誌、テレビ、ラジオ出演のほか、企業のユニフォームデザイン、スクール講師など、ファッションデザイナー・マリエとしても活動。パスカルマリエデマレは、構想4年の末にたどり着いたという、自身の本名を冠した新ブランドだ。

「“世の中には、いいモノや職人が減った”とよくいわれるが、実はモノを作る側=オーダーする側が減らしているということに気づかされた。そこには、予算、タイムリミットなど、制作過程では諦めなきゃいけないレベルがある。」と自身も気づかされた点が多々あったという。

「“私たちがやらなくて誰がやる”と掲げ、ゆっくりでもいいから、そこを特徴にしていこうというブランド。本当に私たちが作りたいものを時間とお金をかけてつくる。自分の本当に追求するもの、環境にもやさしい、すぐに無駄にならない商品をつくる。日本にはないブランドだと思っている。」と語る。

また、建築、ファッション、グラフィック、ムービーなどデザイナー100人以上にインタビューしてきてわかったことは、「いまの時代、デザイナーになるには、エンターテインメント、デザイン、スケッチ、時代の洞察力など、全てのコンテクストを制覇することができないと、トップのデザイナーになることはできない」ということ。マリエも、モノ作りだけではなく、エンターテインメントを使って、いいモノをどうしたら伝えられるかのコンテンツを考えながら、デザインしていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. marie より:

    高すぎる。
    専門学校生の卒業制作みたいW
    自己満で終わるんじゃない?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。