[購入レビュー]ユニクロ、無印良品のデニムを徹底比較してみた。 | すぎたかのワクワクブログ
すぎたかのワクワクブログ

[購入レビュー]ユニクロ、無印良品のデニムを徹底比較してみた。

   2018/03/31

ユニクロと無印良品の2つのブランド、どちらのブランドともデニムの評判が高いって知っていましたか?

今回、ユニクロと無印良品の2つのアパレルブランドのデニムについて徹底調査して、どちらが優れているか徹底的に調査していきます。

ユニクロのデニム(レギュラーフィットジーンズ)

まずはユニクロです。
ユニクロのサイトを覗いてみると以下の様なことが書いてあります。

 

・世界最高峰と名高いカイハラデニムを使用。
・LAで商品開発をし、本格的なヒゲやアタリ、ダメージ感を表現。
・程良いゆとりのある、ベストバランスを追求したレギュラーフィット。
・バックポケットをひとまわり大きくし、男らしい無骨な印象に。
・直線の本縫いとループ状の環縫いを取り合わせた本格仕様。

 

こんな感じです。

とりあえずカイハラデニムがよくわからなかったので調べてみました。
どうやら国内のシェア50%以上を占めているのがカイハラデニムのようです。
輸出でも国内トップシェアでそのスジには有名なものだということがわかりました。

素材は綿100%。
お値段は3990円+税(記事作成時点)

割と評判は上々なようで、「とりあえず買う」というスタンスじゃなければ買いのアイテムとされています。

 

無印良品のデニム(オーガニックコットンストレッチデニムストレート)

お次は無印良品です。
無印のデニム、レディースの方が人気が高いようで検索上位はほとんどレディース。
無印良品の通販サイトで「衣料・紳士・オーガニックコットンストレッチデニムストレート」で検索すると見つけることができます。

 

伸縮性のあるデニム生地を使用しはき心地よく仕上げました。ゆとりのあるストレートパンツです。

 

コメントのなんとシンプルなことでしょうか。
くどくない文面にどこか強い自信が感じられます。

素材は綿99%とポリウレタンが1%。
この1%のポリウレタンを感じられるでしょうか。
お値段は税込みで3990円(記事作成時点)です。

 

ユニクロと無印良品の比較

最初は安直に価格から比較してみましょう。
ユニクロ:3990+税
無印良品:3990(税込)

ほんの少しだけ無印良品の方が安いですが、微々たる物ですね。
とはいえ、価格的に軍配が上がったのは無印良品でした。

 

お次は素材です。
ユニクロ:綿100%
無印良品:綿99%・ポリウレタン1%

これは好みの問題があるため、一概には言えませんね。
綿にはストレッチ性がないため、ユニクロのデニムには伸縮性はないということになります。
シルエットを大事にしているのでしょうか。
無印良品の方はポリウレタンを1%入れて伸縮性を出そうとしているようです。
しかし、体感できるのは大体ポリウレタン3%程度からといわれています。
気持ち程度かもしれませんが、デニムをはきたいけどキツキツは嫌だという方は無印良品のデニムがいいかもしれません。

極端に言うと、
ユニクロ:伸縮性なし
無印良品:伸縮性ある
といえます。
着こなしによって選択しましょう。

 

最後はカラーです。
ユニクロ:3色
無印良品:2色

ユニクロの方が1色多いですが、オンラインストアか大型店舗のみの取り扱いとなっています。
色も好みが分かれるところですが、ジーンズっぽいさを感じるのは、ユニクロの64BLUE。
個人的に好きな色味ですね。

 

いかがでしたでしょうか?
デニム購入時の参考にしていただけたら幸いです。
それでは皆様、良いジーンズライフ(?)を!

 

オススメのFXサイトです。

ぜひ遊びに来てください。

http://wsbbg.com

 

ブログランキングに参加中です。

面白い、いい情報を知れたと思ったら、リンク先の応援クリックお願いします。

プチプラ系人気ブログランキング

前回の記事も読んでいただけると嬉しいです。

しまむらで幽遊白書のコラボTシャツが発売!?遊戯王とも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。