ユニクロvsGUvsH&M オススメデニムジャケットはこれ。 | すぎたかのワクワクブログ
すぎたかのワクワクブログ

ユニクロvsGUvsH&M オススメデニムジャケットはこれ。

 

ジージャンの歴史を遡ると、1920年代頃から1953年までのかなり長い期間生産されていた、通称ファーストと呼ばれるリーバイス「506XX」があまりにも有名で、現在のデニムジャケットのデザインの礎にもなっている。そのような歴史を経て、今ではカジュアルなファッションアイテムのひとつとして定着したデニムジャケット。プチプラにもカラーやウォッシュ加工、生地の厚みなどで違いをもたせたアイテムが数多くリリースされている。

しかし、コーディネートをひとつ間違えるとなんだか野暮ったくなってしまい、ともすると昔っぽいアメカジスタイルになってしまう。それは着丈が極端に短く、素材がデニムであるため、日本人のような胴長短足が着ると、脚の短さが際立ってしまうためだ。

そんなときに工夫したいのがインナー。着丈が長いものをチョイスするだけで大分印象は変わる。あとはボトムスにスキニーパンツやスラックスといったキレイめなものをチョイスする。慣れてきたら袖まくりやパーカーレイヤード、腰巻などいろいろな工夫を施せばたちまち上級者の仲間入りだ。

 

H&Mのデニムジャケット

ウォッシュ加工のストレッチデニムを使用したヴィンテージのような雰囲気のあるH&Mのジャケット。

ユーズド感を演出するディテールが施されている。5554円

 

GUのデニムジャケット

トレンドのボックスシルエットにウォッシュ加工が施されたGUのデニムジャケット。味のあるユーズド感がたまらない。2990円

 

ユニクロのデニムジャケット

カジュアルな大定番のデニムジャケットのブラウンカラー。大人のGジャン風アイテムはシックな色合いで通常のデニムとはまた一味違った風合いを楽しみたい人にはピッタリ。3990円/ユニクロ

 

ブログランキングに参加中です。

面白い、いい情報を知れたと思ったら、リンク先の応援クリックお願いします。

プチプラ系人気ブログランキング

前回の記事も読んでいただけると嬉しいです。

無印良品vsユニクロvsGU オススメジャケットはこれ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。